(This page is in Japanese only)

FD Questionnaire

理工学部・理工学研究科FD授業アンケートシステム

理工学部・理工学研究科においてファカルティ・ディベロップメント(以下FD)とは、授業内容・授業方法を改善することを指し、教育の質を向上させることを目的とするものです。理工学部では、2005年度より、理工学部におけるFDのあり方を検討してきました。その検討結果を受け、FDの一環として、2006 年度秋学期末より本アンケートシステムによる授業アンケートを開始し、2008年度からは、対象範囲を理工学研究科(修士課程)の科目にも拡大して実施しています。学生が設問に回答し、科目担当教員がその集計結果に対するコメントを入力、公開することで、授業改善やより確かな履修選択につなげることを目指しています。

教員、学生の双方にとってメリットのあるシステムとなるように、今後も改良を進めていく必要があります。学生の皆さんは、後輩たちのために、またご自身が上級学年にすすんだときのために、全員必ず回答をしてください。皆様のご協力をお願いいたします。

続きは、下記URLを参照してください。
https://fd-enquete.st.keio.ac.jp/sfc-sfs-st/index.cgi